IT JOBGATE





企業一覧(JISA会員企業)


ITエンジニアの職種と人材

ITエンジニアの職種とスキル

ITスキル標準とは

ITスキル標準(ITSS)とは、情報技術者の能力を11職種35専門分野7レベルに分けて体系化したフレームのことで、 ITプロフェッショナルとしてのスキルの共通概念を定義しています。[図表1]

[図表1] ITスキル標準のスキルフレームワーク

※1 アプリケーションスペシャリスト ※2 ソフトウェアディベロップメント 
※3 エデュケーション ※資料:独立行政法人情報処理推進機構・ITスキル標準センター

主な職種

<コンサルタント>
コンサルタントには、情報技術について分析・提案する「ITコンサルタント」、特定業界の業務知識をもとに戦略的なソリューション(課題解決方法)を提案する「業務コンサルタント」があります。

<プロジェクトマネジャー>
プロジェクトマネジャーは、情報システム構築・運用においてプロジェクトの計画、推進、管理、監督を行う管理責任者として、プロジェクト要員など必要な資源の調達、プロジェクト体制の確立、予算・進捗・納期・品質・要員など全ての管理を行います。

<ITスペシャリスト>
ITスペシャリストは、情報システムの構築・運営を行う技術者であり、その専門性によりアプリケーションスペシャリスト、ネットワークスペシャリスト、 データベーススペシャリスト、システム管理スペシャリストに区別されます。

アプリケーションスペシャリストは、情報システムの企画・設計・開発・テスト・変更・修正を行い、顧客の要求にあった情報システム環境を整えます。 ネットワークスペシャリストは、効率性・信頼性・安全性の高いネットワークシステムを構築し、その安定的な運用を確保します。データベーススペシャリストは、 情報システム全体のデータ管理やデータベースに関する技術支援を行います。システム管理スペシャリストは、システムの構成・障害・パフォーマンス・課金・セキュリティなどの管理を行います。

求められる職種とは

現在、最も必要をされる職種は「プロジェクトマネジメント」であり、「コンサルタント」、「セールス」、「ITアーキテクト」、「マーケティング」等もますます必要とされている職種です。
ユーザーニーズの高度化・多様化に加え、情報システムの活用による業務のイノベーションを実現し、新たなビジネスモデルの創出が求められる今日、IT人材の役割もより重要なものとなり、人材需要にも変化の兆しが見えてきています。[図表2]

[図表2] IT 人材の職種別過不足感

資料:IPA「IT人材白書2012

キャリアマネジメント

現在、IT技術の資格やスキルに関して、政府も積極的に後押ししています。その人材育成策には、大きく分けて3つの体系があります。

これらのほかにも大手のソフトウェア会社やコンピューター会社が、 自社のソフトウェアやシステムを使いこなせることを認定するさまざまな認定資格があります。

自分のキャリア・ビジョンに沿って、必要な技術を試験制度を使って身につけていくことで着実な成長を積み重ねられます。
もちろん資格を得ただけでは実務の現場では、通用しないこともあります。日々の仕事を通じて実務的な研鑽は必要ですが、基本基礎の習得が明確化されていることで技術者としての社会的価値も明確化され、 キャリア開発(評価・転職・独立)もしやすい業界になっています。

人材教育

情報サービス産業における人材教育では、先ず基礎教育を充実させ技術者レベルの向上を図ります。 新入社員教育は、内定者研修、新入社員研修、OJTなど初任者教育を実施し、情報工学やプログラミング基礎など情報関連科目を履修していない新入社員も一人前の技術者に育成します。 新入社員研修では、テクノロジ基礎、ソフトウェアエンジニアリング基礎、コミュニケーション基礎、社会人基礎教育・ビジネスマナー、コンプライアンス、会社の仕組みや規定・社内制度・社内手続きなどの教育が一般的に行われています。また、部門配属後にはOJT(オンザジョブトレーニング)を実施し、 実際の業務において技術や技法を確かめ、仕事の進め方を身につけていくことになります。一方、世界に通用する高度IT人材(プロジェクトマネジャー、ITアーキテクト、 ITコーディネータ、組み込みソフトの専門家等)の育成プログラムも産学官の連携により実施されています。

人事評価

情報サービス産業における人事の評価制度は、年功制から成果重視を指向し、高度プロフェッショナルを育成・評価できる仕組みを目指す傾向があります。 社員は、生産性、役割(職務内容や責任の大きさ)、職能・スキル、役職(管理職、スタッフ職、営業職など)により評価されます。 近年では等級制度をITスキル標準(ITSS)と連動した人事評価を行う企業も増えてきています。
また、業績・実績の評価には目標管理制度を運用している企業も多くあります。 さらには、優秀な人材の行動特性(コンピテンシー)を評価基準とする企業もあります。


これから求められる人材像

企業の人材ニーズ

情報サービス企業における人材採用の基準は、情報工学などの「専攻」に加え、情報技術者としての「資質」や「パーソナルスキル」を重視する企業が多くあります。また、最近では業務遂行能力としてのコンピテンシーを重視する企業が増えています。コンピテンシー(行動特性)とは、一般的には「高い業績をあげている者の行動や思考などに見られる行動特性」を意味します。 活躍しているITエンジニアのコンピテンシーを分析すると、「挑戦意欲に富んでいる」「学ぶことや技術・知識を吸収することに貪欲である」「評論ではなく自ら行動し問題解決できる」「相手の立場・主張を理解し問題の本質を見抜くことができる」「先入観にとらわれず時と場合に応じたコミュニケーションができる」「心身ともにタフである」などが共通的に現れています。

求められる人材像

経済産業省・産業構造審議会の報告書「高度IT人材の育成をめざして」は、これからの求められる高度IT人材像として3つの人材像とそれに対応した7つの人材類型を示しています。 基本戦略系人材は、企業の経営課題に対して、ビジネスモデル構築、プロセス改善、製品・サービス開発等、ITの活用により高付加価値を創造する新たなIT戦略を構築する人材です。 ソリューション系人材は、信頼性・生産性の高いシステムを構築し、その安定的な運用を実現する人材です。 クリエーション系人材は、ITを最大限に活用して、知識創造革命、 活力ある安心な未来社会の実現など、新たなソリューションや製品を作り出す人材です。[図表3]

[図表3] 高度IT人材の体系

※出典:「高度IT人材の育成をめざして」産業構造審議会情報経済分科会
情報サービス・ソフトウェア小委員会に設置された人材WG

次世代高度IT人材

経済産業省産業構造審議会情報経済分科会の人材育成WGの報告書では、これからの社会には新たなビジネスをデザインする「次世代高度IT人材」が必要だと提言しています。
次世代高度IT人材とは、「価値発見段階」、「サービス設計段階」、「事業創出段階」における各タスクを実行できる人材であり、価値発見の職種として「フィールドアナリスト」、サービスデザインの職種として「ITサービスデザイナ」、「ビジネスデザイナ」、「ITサービスアーキテクト」、「イノベーティブエンジニア」、事業創出の職種として「プロデューサー」が定義されています。

■次世代高度IT人材像の定義と役割(産構審報告書より)

◎フィールドアナリスト
「新製品・新サービスの創出プロセス」の中でも「価値発見」プロセスを主な活躍の局面とする人材である。現在活躍している人材からのヒアリング等では、顧客のニーズを発見するためのデータ解析を役割とするビッグデータエンジニアや、デザイン手法を駆使してユーザーのニーズを明らかにすることを役割とし、「価値発見」プロセスを専門とする役割を担う人材。その他にも、事業化が可能なニーズに最初に気付いた人材と、その具体化や事業化を実際に担当した人材が異なる場合、最初にニーズに気付いた人材も「フィールドアナリスト」に分類した。なお、「価値発見」プロセスの役割を担う人材とその後のプロセスを担う人材が同一であるケースも実際には多く見られ、「フィールドアナリスト」が専門的に担うことも可能な役割を、他の職種が兼ねている場合もある。

◎ITサービスデザイナ
「フィールドアナリスト」によって発見されたニーズを満たし、これまでにない新しい価値をユーザーに提供するためのサービスについて、その具体的なサービス内容を発案し、企画する役割を担う人材。発見されたニーズを満たすITサービスの具体的な内容を企画・検討することを役割とする人材である。

◎ITサービスアーキテクト
発見されたニーズを満たし、これまでにない新しい価値をユーザーに提供するためのサービスについて、その内容を企画するとともに、ITを用いて実現する具体的な仕組みを設計する役割を担う人材。ITサービスの内容についての検討からIT面の技術的な設計等までの役割を担当する。なお、「ITサービスデザイナ」は、サービスの内容面やアイディアの詳細化・具体化の役割を重点的に担うが、「ITサービスアーキテクト」は、よりIT技術面からの設計という役割を受け持つ。

◎イノベーティブエンジニア
通常のITエンジニアより高い技術力を有し、ITサービスの差別化において重要な役割を担う人材。WEBビジネスなどの領域においては、きわめて高い技術力を持ったエンジニアの存在が、ITサービスの内容面や機能面での勝敗を分ける重要な要因になりつつある。他では実現できない水準のITサービスを実現し、ユーザーにこれまでにない価値を提供する上で、「イノベーティブエンジニア」の存在はきわめて重要なものとなっている。なお、「イノベーティブエンジニア」は、迅速なプロトタイピングや実装・開発の役割を担う人材としているが、「どのような機能が実現できるか」という点はITサービスの具体的な内容にも直結すると考えられるため、「ITサービスデザイナ」と「ITサービスアーキテクト」、「イノベーティブエンジニア」は、ITサービスの企画・設計・実装の段階において、一体となって担われることも想定される。

◎ビジネスデザイナ
「ITサービスデザイナ」などと同様にITサービスの企画・設計段階において重要な役割を果たす人材であるが、実際のビジネスモデルの立案やビジネスの仕組みの構想、それらの実現という、他の人材とは明らかに異なる役割を担う人材。ビジネスモデルの立案のみを専門的に担うケースは、実際には少ないと考えられるが、ビジネスモデルの立案・実現は、新製品・新サービスの創出の成否を分ける重要な役割であると考えられるため、今回は独立した人材とした。実態としては、後述する「プロデューサー」がこの「ビジネスデザイナ」の役割も兼ねているケースが多いと推定される。

◎プロデューサー
新製品・新サービスの創出プロセスに責任を持ち、各プロセスを主導・牽引することの役割を担う人材。今回は、独立した人材としての定義を試みたが、実際には、他の人材によって表現した役割を兼ねていることも多いと考えられる。また、「価値創造」プロセスに始まる全てのプロセスを主導している場合もあれば、途中のプロセスから責任を負う場合まで、責任の及ぶ範囲は多様である。